「大学における研究データサービス」に関するイベントのご案内(12/5・6)

九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・附属図書館共同開催イベント 
シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」

九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・附属図書館共同開催イベントとして、「大学における研究データサービス」に関するシンポジウムとワークショップを開催いたします。大学における研究データサービスの必要性は、ますます高まっています。本イベントでは、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校との戦略的パートナーシップの一環として、同大学より3名を招へいし、オープンデータや研究データ管理を含む研究データサービスの今後の在り方を皆で考える機会としたいと思います。ぜひご参加ください。

日 時:シンポジウム  2019年12月5日(木) 13時~17時05分
    ワークショップ 2019年12月6日(金) 10時~16時
場 所:九州大学伊都キャンパスイーストゾーン 中央図書館4Fきゅうとコモンズ(福岡県福岡市西区元岡744)
対象者:どなたでも。
ワークショップは大学関係者、図書館職員、情報管理を学ぶ学生を想定した内容で、原則としてシンポジウムへの参加が必須です。
参加費:無料(情報交換会費別)
定 員:シンポジウム80名; ワークショップ 40名
申 込:こちらから申し込みをしてください。(締切日:2019年11月28日(木))

共同開催:九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・九州大学附属図書館
後  援:日本学術振興会科学研究費「デジタルヒューマニティーズを促進するオープンデータ環境およびシステム基盤の構築」(代表・石田栄美)、同「国際化、情報化環境における歴史資料の公共的利活用と管理に関する基礎的研究」(代表・岡崎敦)、九州大学数理・データサイエンス教育研究センター、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校図書館

シンポジウムプログラム 12月5日(木)

12:30     開場
13:00-13:05 開会挨拶 九州大学附属図書館長 宮本一夫
13:05-14:30 講演①「イリノイ大学図書館における研究データサービス」【逐次通訳付】Dr. Heidi Imker(イリノイ大学図書館リサーチデータサービス部門長)
14:30-14:45 休憩
14:45-15:45 講演② 「研究者に対するデータマネジメントサポートの実践」【逐次通訳付】William H Mischo (イリノイ大学工学図書館長) & Mary C Schlembach (イリノイ大学図書館化学&物理専門図書館員)
15:45-15:50 休憩
15:50-16:00 講演③「研究データ管理・オープンデータに関する日本の状況と課題」九州大学附属図書館副館長・理系図書館長 冨浦洋一
(続きを読む)

自治体向けワークショップ「自治体がつくる公文書管理時代 ─公文書管理の課題を考える─」開催のご案内(10月24日)

この度、ライブラリーサイエンス専攻では、大学文書館、ワンビシアーカイブズの共催をえて、地方自治体の公文書管理に関するワークショップを開催いたします。

【テーマ】 自治体がつくる公文書管理時代 ─公文書管理の課題を考える─
【主 催】 九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻
【共 催】 九州大学大学文書館、株式会社ワンビシアーカイブズ

【日 時】 2019年10月24日 (木) 13:30~17:15 (受付開始13:00)
【会 場】 九州大学箱崎キャンパス旧工学部本館第4講義室(3階)
【対 象】 九州各県の自治体および関連団体の総務部門・文書管理の担当者
【参加費】 無料 (事前申込制、先着順30名)
※申し込み締切りは10/18(金)とし、定員に達し次第受付を終了
致します。なお当日の飛び入り参加はご遠慮させていただきます。

〇 プログラム
開催挨拶 高野 信治 (九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻長)

(1) 基調講演
講 師: 岡崎 敦 (九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・教授)
テーマ: 公文書管理法時代の自治体文書管理の目的と実践
内 容: 公文書管理法、行政文書管理ガイドラインに基づく文書管理の目的と実践についてご説明します。

(2) 事例紹介
発表者: 株式会社ワンビシアーカイブズ担当者
テーマ: 自治体における取り組み事例
内 容: 全国の自治体における文書保管・コンサルティング事例をご紹介します。

(3) ワークショップ
ワークショップは、各グループに分かれディスカッションを行い、そこで共有した課題解決方法をそれぞれ発表する時間を設けます。

(4) 九州大学大学文書館見学

【注意事項】
本ワークショップは、自治体および関連団体の職員を対象としております。
自治体関係者以外のお申込みについては、参加をお断りする場合がございます。
個人でのお申し込みをご希望される場合には、下記のお問合せ先までお尋ねください。

【お申込み・お問い合わせ】
今回のワークショップに開催に関する受付は、共催企業である株式会社ワンビシアーカイブズに委託しています。
(続きを読む)

オープンキャンパス(2020年4月入学者対象)のお知らせ

ライブラリーサイエンス専攻では2020年4月に入学を希望する方を対象に、オープンキャンパスを開催します。多数の参加をお待ちしております。

日時:2019年9月9日(月)14時~17時
場所:伊都地区イーストゾーン イースト1号館 B340号室 ライブラリーサイエンス(LSS)講義室
こちらの地図の80番の建物です。

オープンキャンパス内容
・ライブラリーサイエンス専攻についての紹介
・2020年度4月入学生対象入試の説明
・個別相談会
・施設見学
中央図書館・記録資料館

※参加無料 事前申し込み不要

入学案内はこちらになります。

お問い合わせ先
九州大学工学部等教務課統合新領域係(イースト事務室)
〒819-0395
福岡市西区元岡744番地(イースト1号館B-438号室)
E-mail: kottougou2@jimu.kyushu-u.ac.jp

ライブラリーサイエンス専攻はiSchoolsのフルメンバーになりました

ライブラリーサイエンス専攻は、昨年からassociateメンバーとしてiSchoolsに参加していましたが、2019年7月からフルメンバー(Basic)になりました。iSchoolsは2005年に研究指向の強いinfomation schoolで結成された組織で、現在では全世界で100以上の教育組織がメンバーになっています。iSchoolsに参加することで、世界のinformation schoolにおける最新の研究・教育動向の把握が可能になり、また、他国の類似教育組織とのネットワークを構築することができます。本専攻では、これらの活動を通して世界水準に見合う教育や研究を目指していきます。

https://ischools.org/news/7776960

研究会案内

高野信治教授が以下の研究会を開催されます.ご興味のある方はご参加ください.

「障害の歴史性に関する学際統合研究 -比較史的な日本観察-」研究会ご案内

下記の要領で、科研基盤研究(A)(課題番号19H00540)第1回研究会を開催します。
ご参加下さい。

日  時  2019年7月6日13時30分~18時、7日9時30分~12時30分

場  所  九州大学伊都キャンパスイーストゾーン1号館1階E-B-105(イースト1号館は下記のキャンパス地図(右手方面)の「イーストゾーン」80の建物)
https://www.kyushu-u.ac.jp/f/35762/2019ito_2.pdf

経  路  空港・博多駅方面から市営地下鉄(JR相互乗り入れ。前原・西唐津方面行)乗車、「九大学研都市駅」下車、昭和バス「九大学研都市駅」から九大伊都キャンパス行乗車(①②④番乗り場)、「九大イーストゾーン」下車。同停留所を通らない便もありますのでご注意下さい(下記で確認下さい)。
http://showa-bus.jp/wp-content/uploads/2019/03/1-1_tt_kyudai_gakuendori190401.pdf
http://showa-bus.jp/wp-content/uploads/2019/03/1-2_tt_kyudai_susenji-190401.pdf
http://showa-bus.jp/wp-content/uploads/2019/03/1-2_tt_kyudai_susenji-190401.pdf

主  題  自分の仕事と本科研テーマへの取り組み

報 告 者  7月6日=東昇(京都府立大)、中村治(大阪府立大)、小林丈広(同志社大)、細井浩志(活水女子大)、藤本誠(慶應義塾大)、小山聡子(二松学舎大)、山本聡美(早稲田大)、CHWILA, David Dominik(九州大)、山田嚴子(弘前大)、吉田洋一(久留米大)、
7月7日=福田安典(日本女子大)、有坂道子(京都橘大)、赤司友徳(九州大)、平田勝政(長崎ウェスレヤン大)、高久彩(九州大)、瀧澤利行(茨城大)、山下麻衣(同志社大)、高野信治(九州大)