7月20日開催の「ライブラリーサイエンスの現在」連続講演会の動画を公開しました

7月20日に開催した「ライブラリーサイエンスの現在」連続講演会の動画を公開しました。

7月20日(水)「ライブラリーサイエンスの現在」連続講演会を開催します

 ライブラリーサイエンス専攻では、この度、附属図書館との共催で、連続講演会「ライブラリーサイエンスの現在」を企画、開催することとしました。講演会を通じて図書、文献、記録情報の管理についての最新の動向を提供することで、本学の教職員、学生の研究、教育、業務運営の向上に資するとともに、図書館職員をはじめとする関係領域の専門職の専門性の向上を図っていきます。

 第1回の講演会を、以下の要領で開催いたします。ライブラリーサイエンス専攻設置にともない、本学にはじめて図書館情報学の専門研究者として着任された石田栄美准教授に、図書館情報学の最新の動向をご講演いただきます。同時に、岡崎敦教授によるアーカイブズ学に関する講演も行われます。
 多数のご参加をお待ちしております。

 日程:2011年7月20日(水)15時—17時
 会場:中央図書館 新館4階 視聴覚ホール 会議室 (会場が変更になりました)
 講演
  石田栄美(ライブラリーサイエンス専攻)「図書館情報学の現在」
  岡崎 敦(ライブラリーサイエンス専攻)「アーカイブズ学とは何か」

 講演会に参加ご希望の方は、開催日に2日前までに、附属図書館ウェブサイトからお申し込みください。

ライブラリーサイエンス専攻開講記念講演「大統領図書館の歴史と役割」の動画が公開されました。

5月27日(金)に福岡アメリカン・センターで開催された九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻開講記念講演「大統領図書館の歴史と役割」の動画が九州大学公式YouTubeで公開されました。

九州大学百周年記念講演会「新しい時代の情報図書館学へ向けて」の動画が公開されました。

 6月11日開催された、九州大学百周年記念講演会、国立国会図書館の長尾真館長による「新しい時代の情報図書館学へ向けて」の動画が、九州大学公式YouTubeで公開されました。
 講演会の報告は、こちらをご覧ください。

九大百周年記念講演会を開催しました

 平成23年 6月11日(土)、本学中央図書館視聴覚ホールにおいて、国立国会図書館の長尾真館長による「新しい時代の情報図書館学へ向けて」と題する講演会を開催しました。この講演会は、九州大学創立百周年記念講演会の一環として、九州大学の主催、文学部、附属図書館、ライブラリーサイエンス専攻の企画で開催されたものです。当日は、全国から150名を超える参加者をえました。
 講演会では、高木彰彦文学部長の挨拶の後、有川節夫九州大学総長より、大学図書館の現状と九州大学における取り組みが紹介されました。その後、長尾真館長より、「新しい時代の情報図書館学へ向けて」と題してご講演いただきました。
 講演では、図書館や書籍の情報化の本質について、包括的、かつ明快に論じられる一方で、大学を初めとする教育の現場での活用や、話題の電子書籍配信サービスについても言及され、新しい発想による情報図書館のあり方が展望されました。講演後の質疑応答では、国会図書館のあり方から、自然言語処理についての技術的な問題に至る多彩な問題が提起されましたが、長尾館長の明快なご対応に、参会者一同、蒙を啓かれました。
 講演会は、最後に、川本芳昭附属図書館長の挨拶で締めくくられました。
 今回の講演会では、長尾館長のご講演に加えて、有川総長による講演を設け、九州大学における図書館や教育の改革の意義についてアピールさせていただきました。九州大学創立記念の行事にふさわしい講演会となりました。
 なお、開催日には、平成24年度の学生募集を行っている期間中であることから、ライブラリーサイエンス専攻の入試説明会を同時開催しました。会場にブースを設けて、入試や教育に関する質問に、専任教員、事務員に加えて、現役学生も対応しました。

 講演会のプログラム等については、こちらをご覧下さい。
 講演資料は、九州大学学術情報リポジトリQIRをご覧下さい。
 講演会の動画は、九州大学公式YouTubeをご覧ください。


(続きを読む)