情報管理5月号Vol. 54, No. 2に、『九州大学大学院「ライブラリーサイエンス専攻」の構想と意義』が掲載

情報管理5月号Vol. 54, No. 2に、『九州大学大学院「ライブラリーサイエンス専攻」の構想と意義』が掲載されました。

6月11日(土) 九州大学創立百周年記念講演会「新しい時代の情報図書館学へ向けて」開催のご案内

 九州大学では、このたび創立百周年記念講演会として、下記の日程で国立国会図書館の長尾真館長をお招きし、電子書籍をはじめとする多様な情報基盤サービスが広がりを見せる新時代における、これからの図書館と図書館学のあり方についてご講演いただきます。図書館関係の方々のみならず、研究者や一般の方にとってもたいへん興味深い講演となりますので、どうぞご参加ください。

【講師】長尾 真氏(国立国会図書館館長)
【日時】平成23年6月11日(土) 15:00-17:30
【場所】九州大学箱崎キャンパス 中央図書館4F視聴覚ホール

【主催】九州大学
【企画】文学部/大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻/附属図書館

詳細と申込みはこちらをご覧ください。

5/27(金)九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻開講記念講演「大統領図書館の歴史と役割」開催のご案内

現在全米13箇所に設けられている大統領図書館は、非常にユニークな歴史と役割を持っています。
1939年に第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが職務関連の書類と個人的な資料を政府に寄贈したこから始まった大統領図書館の管理・運営は、アメリカ国立公文書記録管理局 ( 通称NARA) によって行われています。この講演会ではNARA 大統領図書館局長シャロン・ファセット氏をお招きし、大統領図書館の歴史、設立背景や役割についてお話いただく予定です。 (続きを読む)

シンポジウム「ライブラリーを科学する」の報告書を公開しました。

平成22年12月18日(土)に本学中央図書館視聴覚ホールにおいて開催した「ライブラリーを科学する」の報告書を九州大学学術情報リポジトリで公開しました。