修士論文公聴会を開催します

2月28日(金)に、ライブラリーサイエンス専攻の修士論文公聴会を開催します。どなたでも参加できますので、ライブラリーサイエンス専攻にご関心をお持ちの方は、ふるってご出席ください。

日程:2014年2月28日(金) 9時—16時30分
会場:箱崎地区旧工学部5号館5階大講義室
プログラム:

時間 発表者 論文題目
09:00~09:30 宋美千 「日中相互情報発信の現状―書籍出版と流通の現状分析を中心にして―」
09:30~10:00 万朕 「レアアース産業政策に関する資料 ―日中貿易を中心にして―」
10:00~10:30 森顕登 「3.11爾後の日本における文書管理試論―公文書たる戸籍を事例に―」
10:30~10:45 休憩
10:45~11:15 叶航 「情報のデジタル化が歴史研究に及ぼした影響 ―史資料の電子化及びボーンデジタル情報の応用を中心にして―」
11:15~11:45 中村真莉 「ビジネス・アーカイブズにおけるアウトリーチ活動」
11:45~12:15 深井美貴 「資料記述情報の共有化―EADによる資料記述符号化の日米比較―」
12:15~13:15 休憩
13:15~13:45 堀内美希 「公立図書館における「郷土資料」の収集・保存に関する類縁機関との連携」
13:45~14:15 三谷直也 「公共図書館の予算に対する外部環境の影響力に関する研究」
14:15~14:45 比嘉由似子 「外国人散在地域における外国人住民の情報源及び情報入手に関わる問題:沖縄県を対象として」
14:45~15:00 休憩
15:00~15:30 井川友利子 「アクティブ・ラーニングに対応した大学図書館による学習支援の検討」
15:30~16:00 住吉佑輝 「大学間SNSにおけるコミュニケーションネットワークと発言内容に関する研究」
16:00~16:30 小野龍太郎 「オーサートピックモデルを用いた論文分析による潜在的研究グループの発掘に関する研究」

ワークショップ「本の楽しさを伝えよう!」を開催します

講師:汐﨑順子さん
日時:2013年11月25日(月) 9:30~12:00
会場:九州大学 旧工学部5号館 5階 大講義室
参加費:無料 / 定員:30名(先着順)
主催:九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻
申込:以下のURLから申込みを行ってください。
      http://goo.gl/81AKy1

公共図書館では子どもと本を結びつけるために「読み聞かせ」、「ストーリーテリング」、「ブックトーク」、「科学遊び」など、さまざまなサービスが行われています。
本ワークショップでは、長く公共図書館で児童サービスに携わってこられ、児童サービス研究の第一人者である汐﨑順子氏を講師にお迎えします。前半は、公共図書館で児童サービスを行う目的と役割について実演を交えてご講演いただき、後半には「ブックトーク」「科学遊び」などを参加者のみなさんに実際に経験してもらいます。
図書館に興味のある方、子どもに対する情報提供に興味のある方、児童サービスに興味のある方は、ぜひご参加ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

オープンキャンパスの動画を公開しています

6月29日に開催したライブラリーサイエンス専攻のオープンキャンパス(専攻説明と模擬授業)の動画が、九州大学iTunes U九州大学YouTubeで公開されています。

 日時:2013年6月29日(土)15時00分~17時00分

 会場:九州大学箱崎キャンパス 附属図書館 3F 第2情報サロン

 プログラム:

 1. ライブラリーサイエンス専攻とは ?
   専攻専任教員が、専攻の概要をご説明します。
   渡邊由紀子(准教授) 「九州大学大学院ライブラリーサイエンス専攻の概要」
  
 2. 模擬授業
   専攻専任教員が、最新のICT環境を利用した模擬授業を行います。
   井上 仁(准教授) 「電子資料作成入門」

2013年3月4日(月)に記録情報管理専門人材ワークショップが開催されます

ライブラリーサイエンス専攻では、「記録情報管理分野の専門人材育成」に関するワークショップを後援します。
このワークショップは、文部科学省委託事業「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」の一環である、記録情報管理分野の中核的専門人材育成のための対応策と教育プログラム構築推進事業の総括として開催されるものです。
近年、文部科学省、厚生労働省、内閣府などにおいて、様々な観点から「中核的専門人材養成」が検討され、国家戦略として位置づけられていますが、なかでも記録情報管理領域の重要性の認識が高まっています。今回のワークショップでは、あらためて、「なぜ日本では記録管理が定着しないのか」をテーマに、学生と企業人によるグループディスカッションと成果発表を行います。本専攻の学生も、6名参加します。また、宇宙航空研究開発機構から講師をお招きし、基調講演をお願いします。記録管理については認識をあらたにする機会となろうかと思われます。

文部科学省委託事業「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」
普及講演・成果発表会「記録情報管理とは?」

主催:学校法人麻生塾 麻生情報ビジネス専門学校
後援:九州大学ライブラリーサイエンス専攻、別府大学文書館専門職養成課程

日程:2013年3月4日(月)15時―17時
会場:電気ビル「共創館」3階 C中会議室(福岡市中央区渡辺通り 2−1−82)

プログラム
 基調講演
  西田 孝氏(宇宙航空研究開発機構JAXA 環境試験技術センター長)
「宇宙機開発における技術情報の活用 ―環境の構築と情報管理の重要性―」

 ワークショップ発表会「なぜ日本に記録管理が定着しないのか?」
  学生と企業の方によるグループディスカッションの発表(討論と発表の準備は、当日午前中に行われます)

参加は無料ですが、定員(100名)になり次第締め切らせていただきます。
お申し込み(2月25日締切)、お問い合わせは、下記事業事務局までお願いいたします。

 文部科学省委託事業運営事務局
 麻生レコードマネジメント株式会社(隈本、越野)
 TEL.092-436-2236 FAX.092-436-2248
 E-mail: mext@aso-rm.co.jp

2013年2月24日(日)、25日(月) MOOCsと電子図書館のための国際セミナー開催のお知らせ

MOOCsと電子図書館のための国際セミナー(2/24,25)
【開催日】
 第1部 2013年2月24日(日) 10:00-16:30
 第2部 2013年2月25日(月) 10:00-16:30
【場所】
 24日 福岡市・JR博多シティ・9階大会議室3
 25日 九州大学箱崎キャンパス(詳細は後日公開)

放送大学 / 大学ICT推進協議会 / GLOBE / 九州大学共催による「MOOCs と電子図書館のための国際セミナー」を2月24日(日)と25日(月)に開催します。
第1部は広くMOOCs等の高等教育の最新動向や大学・図書館での学習支援に関わる話題についてのセミナー(場所:JR博多シティ)、第2部は九州大学に会場を移し、大学図書館やそれに関わる方々向けに講演、ワークショップを開催いたします。ご参加お待ちしております。

【詳細・参加申込】
大学ICT推進協議会の案内ページで最新情報をご確認の上、お申込みください。
日英通訳あり/参加費無料(懇親会は実費)

第1部 国際セミナー「MOOCsと電子図書館の今後を考える」

日時:2013年2月24日(日) 10:00-16:30
場所:福岡市・JR博多シティ・9階大会議室3

■テーマ
現在国内外で注目を集めるMassive Open Online Courses(MOOCs)について、その最新動向と高等教育に及ぼすインパクトについてご講演いただき、高等教育の 将来、コンテンツ蓄積流通およびLearning Analyticsの観点から議論します。日本版あるいはGLOBE版MOOCsプラットフォームの可能性や、バックエンドの知識資源共有の在り方について展望が開ければと思います。

■プログラム
(続きを読む)