シンポジウム「オープンデータと大学」

ライブラリーサイエンス専攻では、関連組織や団体、共同研究グループの共催、後援をえて、オープンデータについてのシンポジウムを開催いたしました。

シンポジウムは、50名以上の参加者を得て、盛会裡に終了いたしました。当日の報告資料を、九州大学リポジトリに登録いたしましたので、ご参照いただけますよう、お願いいたします。

 

日時:2019年1月30日(水)13時30分〜17時

会場:九州大学 伊都キャンパス 中央図書館4階きゅうとコモンズ

 

主催:九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻

共催:九州大学附属図書館、九州大学大学文書館、九州大学大学院人文科学研究院

後援:九州地区大学図書館協議会、日本学術振興会科学研究費「デジタルヒューマニティーズを促進するオープンデータ環境およびシステム基盤の構築」(代表・石田栄美)、同「国際化、情報化環境における歴史資料の公共的利活用と管理に関する基礎的研究」(代表・岡崎敦)

 

趣旨説明

岡崎 敦(九州大学)

報告資料はこちら http://hdl.handle.net/2324/2197529

 

報告

中村覚(東京大学情報基盤センター)

「東京大学デジタルアーカイブズ構築事業におけるオープンデータに関する取り組み」

報告資料はこちら http://hdl.handle.net/2324/2197530

南山泰之(東京財団政策研究所)

「研究データ管理の動向及びデータ利活用に向けた課題整理」

報告資料はこちら http://hdl.handle.net/2324/2197531

畑埜晃平(九州大学)

「くずし字のオープンデータとその活用」

報告資料はこちら http://hdl.handle.net/2324/2202982

 

パネルディスカッション

司会:石田栄美(九州大学)

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。