設置の背景

現代社会における情報の管理・提供に関する課題

  • 必要な情報を効率的に、いつでもどこでも入手したいというユーザーの要求に、現在の情報管理機関は充分に対応できていないように見えます。このような課題に対しては、図書、文献、文書、記録などの資料(情報)の高度な組織化にもとづく、あらたな情報提供法の実現とサービスが求められます。
  • 多様な情報が入り乱れる現代社会において、個々の情報の性格を見極め、適切に対応するためには、さまざまな領域について一定度の専門的知識を持つ「情報専門職」の介在が不可欠です。アーキビストやサブジェクトライブラリアンなどの専門職実務家の本格的な養成が求められます。
  • 電子媒体やWEB上での情報の生成、発信、利用においては、法制、行政等の面でも、多くの課題を突き付けられています。著作権や情報公開、個人情報保護等の諸問題の前提には、適切な情報の管理、利用が不可欠であり、両者は一体として解決していくことが求められます。

コメントは停止中です。