ディプロマ ポリシー

修士課程

本課程を履修した者は、情報の管理・提供の場において重要な役割を果たすことができる能力、すなわち、ユーザーの視点に立った情報の管理・提供を行うことで、ユーザーの知の創造・継承活動を支えることができる情報専門職、及びデータエンジニアリングの専門家となり得る能力、または、ライブラリーサイエンスという新しい学問領域を深化・発展させる研究能力を備える。

具体的な知識・技能として、図書館情報学とアーカイブズ学の両学問分野に共通する情報の管理・提供の基礎を学び、高度情報化社会における個々の情報の性格を見極め、適切に管理・提供することができる専門的知識や技能を身につけている。さらに、情報の管理・提供に関わる社会的・法的側面、技術的側面、ユーザーの視点からの情報利用、情報技術を用いた学習・コミュニケーション等の側面についての基礎的な知識も併せて身につけることで、これからの情報の管理・提供のあり方を提案し、実践できるようになる。

博士課程

本課程を修了した者は、図書館情報学、記録管理学・アーカイブズ学、情報科学の分野の知見や研究成果を修得し、それぞれの立場から課題解決に向けた考え方を身に付けている。また、上記3分野のいずれかに軸足を置くものの、他の2分野の知見や研究成果を利用した情報の管理・提供に関わる諸課題を解決する能力、従来の枠組みにとらわれることなく情報の管理・提供のより良い仕組みを探求する能力、課題解決のために考案する理論やモデル、手法を、ユーザーの視点に立って評価・分析し、どのような管理・提供が意義あるかを考察する能力を身に付けている。さらに、研究者の基礎的な技能として、研究計画の立案、文献調査、実験あるいはデータ収集、結果の解析及びその解釈や考察をするといった自ら独立した研究を行う能力、得た知見・成果を的確に表現する能力やコミュニケーション能力を備え、国内外の研究者・技術者などと積極的に交流し、新たな知見を生み出す能力を身に付けている。

コメントは停止中です。