カリキュラム ポリシー

修士課程

高度情報化社会における新たな情報の管理・提供を実現する、情報専門職およびデータエンジニアリングの専門家を養成するために、関連分野を統合したカリキュラムを立てている。情報の管理・提供に関する学問である「図書館情報学」と「アーカイブズ学」に関する科目、情報の解析や組織化、情報抽出、及び情報の発信と収集を扱う「情報科学」に関する科目、関連分野として、適正な情報の管理・提供をするための「情報法制」に関する科目、知の創造・継承プロセスを把握するための理論や手法に関する科目等から成る。

図書館情報学とアーカイブズ学の両学問分野に共通する情報の管理・提供の概念や意義、方法論は基礎科目(必修)として教授し、情報の管理・提供の基礎を身につけさせるとともに、ユーザーの視点に立った情報の管理・提供とは何かを把握させる。両学問領域に固有の事項(組織の運用管理、政策や社会との関係、サービス業務、資料の特質に応じた取扱い)、及び情報科学については、専門科目(選択)で教授し、学生の将来の進路希望に応じた履修ができるようにしている。

博士課程

本課程では、博士論文の執筆を通して、情報の管理・提供に関わる諸問題を解決するための研究能力、将来に渡りライブラリーサイエンスに関する独創性の高い研究を行う能力を身に付けさせる。また、より高い研究能力を備えさせるために、情報の管理・提供に関わる学問分野である図書館情報学、アーカイブズ学・記録管理学、情報科学に関する知識や知見、研究手法を幅広く修得し、それぞれの立場から課題解決に向けた考え方を身に付けさせる。このために、教員が自身の研究に関わる最新事例について紹介し、それに基づき議論する科目である「ライブラリーサイエンス特論」を設置している。さらに、学生が取り組んでいる研究内容を発表させることにより、学生の表現能力やプレゼンテーション能力を養成し、各自の研究テーマを教員と学生とで討論することにより、研究の深化を図るための科目「プレゼンテーション演習」を設置している。

コメントは停止中です。